東京都健康福祉研究会は、東京都産業技術研究センターの技術研究会のひとつとして、1996年(介護保険開始2000年の4年前)に設立総会が行われました。「健康・福祉についての知識と技術の向上を図ることを」目的にし、健康福祉に関する研究・情報交換にによって、社会と人々の健康で快適な生活に寄与することを大きな目標にしてきた技術研究会です。2015年「新オレンジプラン」、2018年の「認知症施策推進大綱」が発表されました。特に《認知症の予防》《認知症との共生》が大きな論議をよび、現在でも多くの専門家の意見が交錯しています。このような状況の中で、認知症状の現れた人にとって最も重要なことは何かに注目したのが、東京都健康福祉研究会の有志が考えた「4○4○プラン」です。認知症状については、長谷川式のスケールをお作りになった長谷川先生も「確かさが失われる」と表現していらっしゃいます。簡単に「予防する・予防できる」というのではなく「ご本人の不確かさから来る不安」をどのようにするかが最も大切なことと考えています。

44〇プランは、東京都健康福祉研究会の有志によって企画されたものです。東京都産業技術研究センターで行われている例会で専門家の先生から「認知症状について」のお話しを伺い、《認知症状の人の不安》に注目。認知症状の人のコミュニケーションの不都合を、何かの方法で少しでも解決できないかという視点でまとめてみました。

認知症のグレーゾーン、軽度認知障害(MCI)からの脱出については、音楽、絵画、運動、料理などの頭脳を使うことが有効といわれていますが、日常的な環境では容易ではないように考えます。

そこで、ご近所さんが楽しくワイワイやりながら、脳をイキイキさせることができれば、全く同じ効果ではなくても、先送りの可能性は期待できるのではないか、また、その結果として、ご近所の顔見知りが、認知症状のある人を、ご近所だから「さり気なく」サポートできるのではないかということも期待しています。

送 信

お問い合わせいただきましてありがとうございます。

お問合せフォームがうまくいきませんので、お手数ですが、お問い合わせの内容をお書きいただいて、下記のメールアドレスにお送りください。

post@geta-suge.com