みんなで楽しく、一人で便利に

楽しみながら、日常生活の中でも脳をイキイキさせていただくための提案を組み合わせて、認知症状を先送りすることを期待しています。

44〇プランは、ご近所の人が集まって、脳をイキイキさせて、笑顔が増えることを期待していますが、それ以上にご本人の毎日が「シゲキ的」であることを期待しています。プランの中で、進めていただくDignocise は、集団でのお互いさまです。しかし、認知症状は個人に降りかかってくる可能性があります。そこで、子供のときの経験を生かして、より楽しいものにするアイデアを考えていただいたり、ご自分の記憶をご自身でサポート、新しいことへの挑戦の提案、何でも書いてみてご自分を発見していただく用紙などをご用意。エクササイズの中に組み込んでいただくように期待しています。自分確認のツールについては ここをクリック

あらかじめ用意しているエクササイズを、参加者自身で撚り楽しいものにしていただくための提案の少冊子。

昔の遊びを、エクササイズに組み込む

44〇プランに参加する人は、昔いろいろな知恵を使って、いまでは想像できないくらい不思議な遊びをつくり上げてきたことでしょう。いろいろな経験をする中で、そのすごいチカラがなくなってしまったのでしょうか。忘れてきてしまったのでしょうか。この少冊子は、置いてきてしまった遊び方のエネルギーを思い出していただくためのものです。エクササイズをやっている中で、こんな工夫、あんな方法など、知恵を出していただくことで、より楽しく、脳もイキイキということになりそうです。

日常生活の中で、ちょっと工夫することで、認知機能が低くならないようにするための提案。

うっかりを自分で少なくする

もの忘れと認知症は違うといわれても、不都合があれば、どっちでも困ること。認知症状はいつから始まるか分かりません。そこで、自分で自分の記憶を確認するように「メモ」を取りましょうというのが、この少冊子。Digniciseの中で、楽しみながら、やってみるというように組み込むと良いかもしれません。

いつもと違うこと、新しいことに挑戦することで、脳をイキイキさせていただくための提案。

新しいことをはじめると、脳もイキイキ

いつもと違うコトといっても、何から、どこからということになりそうです。いつものことを違う方法でやってみることからはじめてみましょうということの提案です。右利きの人なら、左手で食事をしてみるちょっとイライラするかも知れませんが、利き手をケガしたときに、すぐに役立つというメリットもあります。

ご本人の毎日をイキイキさせていただくためのひとつの提案。

ホワイトノートという雑記帳(全12ページ)

白いページのメモ帳です。思いついたこと、感動したこと、はじめようとする内容など、書いておいて、見て、再確認して、次の行動に移していただくのためのメモ帳みたいなものです。

お問い合わせ