認知症の人をご近所のチカラで…を考えてみていただくサイトです。

人は変化し続けます。高齢になれば、いろいろ不都合が起こってきます。その中で、いま大きな課題が「認知症」です。ワケもなく恐れたり、見過ごしたりすることなく、いつでも幸せでいたい…と思うのは、どなたでも一緒だと思います。オードリー・ヘプバーンは「何より大事なことは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」と言っています。あなたと、ご近所の笑顔のためにおチカラを….
 
      認知症の人に接するときのアイデア・ヒントがあります。。      

 ★忘れても困らないようにする★忘れている状況を、さり気なくサポートする…など。当方が知り得た
  アイデアやヒントをご案内します。ご参考にしていただければ…幸いです。▶▶ここをクリック▶▶

なぜ?認知症に 
    認知症について
支援の前に視援
やさしい目線…
このホームページをご高覧いただくときにお願いしたいこと。

このホームページでは、世界的な課題である認知症について、日本の「ご近所さんの」のすぐれた伝統を、認知症の人とご家族のために生かしていただくことが期待しています。認知症のことを知ってから、視援というあたたかい目線をお持ちいただくか、笑顔から入っていただくか、ご覧いただく方にお決めいただければ良いと思いました。ご意見などお聞かせいただければ幸いです。